コーヒー飲料

ディスカウントの大型スーパーで、28円とか38円などの値段で売ってるオリジナルブランドの缶飲料ってありますでしょ?

あれ、たまにナショナルブランドと類似した名前のものがあってたまに騙されそうになります。
メーカーはしっかり危機感を持って類似している登録商標の問題に取り組んだ方がいいのでは?
類似品を防ぐためにも、専門の人を読んで対策下kたがいいんじゃないかな。

話を戻して・・・
消費者としては、まぁ味が良ければいいんじゃないかと思うわけです。

お茶類は範疇。
サイダーも「炭酸、薄っ!」とは思いますが、ギリ範疇。
コーヒー。。。いかんなぁ。。。イカン。。。あれはイタダケマセン。
コーヒー風味の砂糖水ですもん。
それでも何種類かありますから微糖などを選ぶことも出来ます。
しかしそれも「砂糖が少々少ない砂糖水」
コーヒー匂いがツイてる分、砂糖水より始末が悪いかな?と感じることも暫々です。
「コーヒー風味飲料」という意味の、なにか造語を作って欲しいものです。
例えばアイスクリームで言うところの「ラクト」のようにわかりやすいもんをです。

アイスクリーム類というのは乳脂肪分と乳固形分の含有量によって、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と区分するのですが、ラクトアイスはその値が一番少ない物。
こういう見地からすると、コーヒーにも実際は区分がなされています。

それは100g中の生豆使用量という形で区分するものです。
「コーヒー5g以上」「コーヒー飲料2,5g以上5g以下」「コーヒー入り清涼飲料水2,5g以下」
このように分類がなされます。
公正取引委員会が「コーヒー飲料等に関する公正競争規約」という形で制定しました。
しかし喫茶店などで飲むコーヒーというのは100g中10gほどの生豆を使用しますから、5g以上をコーヒーとするその基準に異論がなかったわけではありませんが、缶コーヒー飲用の特性などから妥当であろうとされたようです。

アイスクリーム類などが最低数値の「ラクトアイス」を「乳固形分3%以上」のラインで区分し以下を「氷菓」とする事を考えると、このコーヒーの「2,5g以下をコーヒー入り清涼飲料水とする」というのは、「どこまでg数を下げてるのよ!ちっとばかし無理がないか?」と思ったりするのです。
「そりゃ入ってるんだろうけどね、生豆が極々少量は。。」
足りない分は香料などで補うのでしょうが、なんだかなぁ。。。なのです。
2,5g以下はもはや「コーヒー入り清涼飲料水」と区分するでなく「清涼飲料水」の類で、各社が「コーヒー入り」だの「コーヒーテイスト」だの、そのように表記すればいいことでしょう。。。
わざわざ「缶コーヒー」のカテゴリに入れる必要がない。

「スイカバー」にスイカが入ってるかどうか解らないけどスイカの味はするので、スイカが嫌いな人は買わない場合が多いでしょう。
それと一緒で「コーヒーテイスト」と書かれてあれば「清涼飲料水」であったにしても、人は「コーヒー味のものなのだな」と察するのですから嫌いであれば飲みませんし、もし仮にアレルギーがある人であれば警戒して買わないわけです。
そういうアレルギーがあるのかは知らないですが。

とにかくです。
あのディスカウントのオリジナルブランドの激安缶コーヒーだけは、コーヒーと大威張りでいることに釈然としないのです。

男の子と遊ぶ体力

私は甥っ子が大好きなおばさんですが、実際に甥っ子と遊ぶとなると体力がついていきません。子どもは遊ぶために生きているようなものなので、全力で遊びます。
それに大人がついていこうとすると、理性が「これではやばいぞ」と警告してくるんです。子どもは疲れたら寝ればいいですが、大人はそうもいきませんものね。
育児として日々子どもと行動しているお母さんにはもちろん頭があがりません。私などたまに遊ぶだけですから。

先日一緒に遊んだときは、フラフープをしました。私からすればかなり懐かしいアイテムなのですが、1周回って今は新しい遊びになっているのだとか。時代ですよね。
子どものころはそれこそお腹を壊すくらい遊びましたから、フラフープは今でも得意です。甥っ子は買ってもらったばかりで、まだうまく回すことができません。
そこで妹から「教えてあげてよ」と指令が下ってきたのです。

フラフープを教える、しかも小学校低学年の子どもにというのはなかなか至難の業です。体感でもってわかることで、頭で考えて修得するものではないからです。
とにかく回す。腰をぐるぐる回すのではなく、回るフラフープを支えるという感覚でしょうか。フラフープが動き続ける道を作ってあげるというイメージですね。
それを甥っ子の前で実演して、甥っ子にやらせて、またやって。この繰り返しです。

結局途中で飽き始めましたが、最終的にはかなり上達して終えることができました。2時間やりっぱなしだったので、家に帰ると疲れて甥っ子は寝てしまいました。
私はそこから帰らなくてはいけません。大人は辛いです(笑)とにかく任務は完了したので、それを忘れないようにまた練習しておいてねと伝えて家を出ました。
子どもは体で覚えたことは忘れません。それが大人になっても有効なことは、私が身をもって教えてきました。

小学生の男の子と遊ぶには、それ相当の体力が必要だなと実感しました。普段運動不足で階段をのぼってヒーヒー言っている私には、少々荷が重いところがあります。
子どもを生む、育てるというのはまさに体力勝負の世界なんですね。妹は今3人目を妊娠中で、肝っ玉母ちゃんに磨きがかかってきています。旦那が小さく見えますね。
私も将来もし子どもを持つなら、今から体力をつけておかないとなと思いました。

大好きなおにぎりの具

私はシーチキンが嫌いです。理由は簡単。パサパサして噛み切れないし、歯に挟まるからです。同じ理由で鳥のささみやブリやマグロの照り焼きなんかも嫌いです。
口の中がパサパサするという点では、ゆで卵も嫌いなものに入ります。どれも食べられないことはないのですが、わざわざ作ったり選んだりすることはありません。
とにかくあのキシキシ感が嫌いなんですね。昔からその点だけは一貫しています。

ところが。嫌いなシーチキンがマヨネーズで和えられておにぎりの具になる。そうすると、途端に好きなものに変わってしまうのです。意味がわからないとよく言われます。
つまり、マヨネーズで和えると水分が増しますね。且つおにぎりの具にするときは細かくします。パサパサキシキシ感が薄れた状態で、お米に包まれるわけです。
そうなると俄然食べられるもので、おにぎりの具の中ではトップ3にはいるくらいです。

あとの2つは選ぶのにかなり迷うところですが、ゆずれないのは焼きたらこではないでしょうか。生のたらこよりも焼きたらこ。このおにぎりがたまらなく好きです。
焼きたらこと海苔の相性が抜群ですし、適度なもっさり感がまたいいんです。べちょっとしないのが!それならおかかもいいんじゃないかというところですが・・・。
おかかは不思議なことに、おにぎりにしてもキシキシ感が出てしまうんですね。残念です。

あと1つはかなり迷った挙句、梅になりました。酸っぱいものとごはん。この相性のアンバランスな感じは大好きです。梅干しでごはんは外国人の人には理解できないみたいです。
なぜあんなに酸っぱいものと炭水化物を一緒に食べられるんだ、というところみたいですね。疲れたときは梅干しのおにぎりが無性に食べたくなるのは私だけでしょうか。
酸っぱければ酸っぱいほどいい。当然種は抜いておいてほしいところです。

最近はコンビニのおにぎりもどんどん進化し、こんな具まであるの?というものも出ています。先日は「たまごかけごはん風おにぎり」に遭遇しました。
食べてみましたが、たまごかけご飯の味でした(笑)まあ美味しかったですが、そこまでして食べるものか?という疑問も。炊きたて新鮮卵で食べるから美味しいんです。
これからもどんどん増えていくんでしょう。トップ3が脅かされる日がくるのでしょうか。