いきいきと老いを重ねていくためのリハビリとは?

還暦を過ぎると、どうしても病気や怪我にかかりやすくなります。
骨粗鬆症により骨折しやすく、膝や腰に慢性の痛みを抱える人も多いものです。
痛みのあまり、ついつい外に出るのが億劫になりがちです。

しかし、動かないとその分だけ筋肉が弱ってしまいます。
できる限り、無理のない範囲で、筋肉は使い続けるようにした方が良いようです。

使い続けた方が良いのは、脳みそも同じです。
代わり映えのしない単調な生活を送っているとボケやすくなるのは、脳を使わないからだと言われています。

ボケ防止や体力をつけるために、特別なことを始めようとするお年寄りも案外多いものです。
100マス計算などのドリルを使ったり、リハビリのためにスポーツジムに通い始める人もいます。

しかし、わざわざお金をかけて新しいことを始めなくても、もっと簡単なリハビリがあります。
意外かもしれませんが、料理をすることです。

料理は頭と筋肉を両方使える上に、かかるコストは食費だけです。
料理に頭は使わないと思うかもしれませんが、献立を考えたり、彩りよく盛り付けようとすると意外と脳を使っているのです。

また、料理は立ち仕事ですし、野菜を刻んだりするので手と足の両方を使います。
足腰の悪い人は、椅子を利用して台所に立つとよいでしょう。

「男子厨房に入らず」と育てられた世代の男性は、料理に抵抗があるかもしれません。
簡単なお米の研ぎ方や炊飯器の使い方を覚えるだけでも構いません。
野菜を刻んで、ラーメンをお鍋で作ることから始めるのもよいでしょう。

身体の不自由な人は、無理して料理することは禁物です。
長く主婦をしてきたため、体調を押して台所に立ってしまう人がいます。

家族の手を借りたり、介護認定を受けていてヘルパーの手を借りることができるなら、ぜひ手伝ってもらいましょう。
すべて自分ひとりでやるのが、いいのではありません。
手足の残った力を無理ない範囲で使ってこそ、リハビリに繋がるのです。

年齢を重ねると動けない範囲も増えますが、できることは自分でやるように心がけましょう。
残った機能を最大限に使っていくことが、いきいきと老いを重ねていくコツなのです。
料理は、自宅でもできる簡単なリハビリとしてちょうどよいでしょう。

入院生活を快適に過ごすには?

私は神経難病のため、10日間の検査入院をしました。
今まで入院したことがないので、最初は不安でした。

しかし、入院生活をすごく快適に送ることができました。
友人や周りの患者さんに教えてもらった便利グッズが、大変役に立ちました。
その中でも特に役に立ったものを紹介していきます。

まず、ベッドサイドにかけられるS字フックが便利でした。
これは友人に「入院中、絶対に役に立つから」と言われて、持っていたものです。

ベッド脇には、備え付けの棚と冷蔵庫はあります。
しかし、寝ている状態では、棚にも冷蔵庫の上にも手が届かないのです。
ベッドサイドにS字フックで巾着袋を吊るして、中によく使う小物を入れておくとすぐに取れて便利です。

メモ帳類も、思いのほか役に立ちました。
合わせて、セロハンテープがあると便利です。
例えば「明日の朝まで絶食」などの大切なことを、ベッドサイドに貼っておくのです。

自分自身の備忘録になりますし、意外にも看護師さんに好評でした。
看護師さんは、常に同じ人が担当になるとは限りません。
夜勤と日勤でローテーションが組まれているので、人がコロコロ変わります。

ベッドサイドに重要事項を貼っておくと、患者である私自身がそのことを覚えているという証明にもなるのです。
実際、ベッドサイドに貼るまでは、絶食のことを代わる代わる同じ事を言われていました。
正直、もう耳にたこができるぐらいに聞いているのにとうんざりしていました。

「貼ってるから、絶食のことは覚えているんだな」と看護師さんにも伝わりやすいです。
私の側からすると、同じ事を何回も言われなくてすむのです。
一番便利だったと思います。

同室の患者さんにいただいた絵葉書とレターセット。
これは自宅から持ってきたらよかったと感じたものです。

お見舞いに来てくれた人に対して、お礼を伝える時に便利だと思います。
特に目上の人である場合、メールなどより、手紙でお礼をいう方が印象が良い場合が多いでしょう。

退院が決まった時に、以前の職場の上司に退院の報告と御礼をお送りしました。
丁寧にありがとうと、非常に喜んでいただけたので私まで嬉しくなりました。

逆に役に立たなかったものもあります。
入院は暇だと聞いていたので、暇つぶしに本を何冊か用意しました。

私の場合、検査入院だったので、検査が立て続けにあり、へとへとになっていました。
疲れて寝てしまうことがほとんどだったので、本を読む暇がなかったのです。

入院生活は、自分の身体をゆっくり休めて、病気や怪我を直すことが第一です。
少しの工夫で、入院生活が快適になります。
もし入院することになれば、事前にきちんと必要な物を準備しておくとよいでしょう。

私が持っていたパニック障害への誤解

私には、結婚を前提に付き合っている彼氏がいます。
実はハンディキャップを持っているカップルです。

しかし、ひとくちにハンディキャップといっても互いの状況は全く違います。
私は神経難病のため、手足に麻痺があります。
車椅子に乗っており、見た目にもハンディがあることがわかりやすいです。

一方、彼はパニック障害を抱えています。
パニック障害は、いまだに「心の弱い人がなる病気」「性格の問題」と偏見が強いです。
パニック発作でとても辛いにも関わらず、周りからの理解を得ることが難しいのです。

私自身、はじめはパニック障害に対して、偏見がありました。
繊細でおとなしい人がかかる病気だと思っていたのです。

スポーツマンで明るい性格の彼が、パニック障害だと聞いて非常に驚きました。
「悩みなんて寝たら治る」と笑い飛ばしていた彼からは、想像もつかなかったからです。

パニック障害の本を読んでも、生真面目で努力家の人がなりやすいと書いていました。
豪快で自信家、プライドの高い彼の性格と、パニック障害が結びつかなかったのです。

しかし、パニック障害になった経緯を聞いていると、聞いている私まで辛くなるほどでした。
今までよく頑張ってきたなとつくづく思いました。
パニック障害になってからも、周りからの偏見に苦しんできていました。

彼はパニック障害を学生時代に発症してから、正社員の仕事に就いていません。
周りからは「病気を理由に甘えているのでは?」と散々に言われています。

パニック障害は過労やストレスで悪化してしまいます。
パニック障害の発作は当人たちでしか、わからない辛さがあるのです。
仕事をセーブしながら、病気と付き合っていかないといけません。

障害が目に見えないメンタルなものなだけに、周りからの無理解に悩まされています。
これはうつ病や精神の病気を抱えてる人たちの共通の悩みです。

私のような身体が不自由な障害者は、「わかりやすさ」があります。
周りからも手を貸してもらいやすいですし、働けないことに対しても理解が得られやすいです。
その点はラッキーだといえるかもしれません。

どんな障害があったとしても、つらい思いを抱えて頑張って生きていることには変わりありません。
うつ病やパニック障害に対する社会への理解が、広がっていけばよいなと思います。
決して弱いから病気になるのではないのですから。

周りの人達の支えに感謝!

私は神経難病のため、車椅子生活を送っています。
といっても、1年前までは元気に全国を飛び回る営業職に就いていました。
健康そのもので、休みの度にアウトドアに繰り出していました。

今は自宅で闘病生活を送っていますが、付き合っている彼氏がいます。
しかし「病気になる前から、付き合っている彼氏なんだな」となぜか誤解されます。

意外だと言われますが、病気になったことがきっかけで、付き合い始めたのです。
闘病している最中に、新しい恋愛が始まるなんてイメージしにくいでしょう。
けれど、病気がなければ付き合うことがなかったと思います。

私は入院中、死ぬ危険があった時がありました。
医師から危ないかもしれないと家族に話があった時、仲の良い友人や知人にメールしたのです。

女友達に「死ぬかもしれない」とは言い出せずに、当り障りのないメールになっていました。
しかし、親友だった彼だけには、死ぬかもしれないと正直に話せたのです。
なぜか知っておいてほしいという気持ちが強かったのです。

冗談めかして「お葬式にはちゃんと来てね」なんて書きながら、号泣していました。
私自身はじめてその時、彼への気持ちに気がつきましたし、彼から告白されたのもその時です。

生きている今だからこそ笑い話ですが、当時は互いに必死でした。
「絶対に死なないから、頑張れ」と彼に言われたことは闘病の大きな支えになりました。

死ぬかもしれない病気の時、生きようとする意志があるかないかは、生死を分けると思います。
家族や彼を悲しませたくないから生きよう!
こんなにも励ましてくれるのだから、頑張ろう!と思ったからこそ、私は生きているのだと思います。

今、私は車椅子で職業訓練に通っています。
車椅子だったとしても、将来に向けて、何かひとつ始めようとパソコンを習うことに決めたのです。

家族や彼氏から勇気をもらってきたおかげで、今日も生きていると思います。
再び元気に働く姿を見せることが、支えてくれた人たちへの恩返しになる。
そう思って、前に一歩踏み出しました。

車椅子で電車に乗って、職業訓練に通うだけでも最初は大変でした。
けれど、今は通学にも慣れて、車椅子で校舎を走り回っています。

いずれは車椅子で一般企業に転職し、会社内を動き回れたらいいなと思います。
病気になったことは人生で一番辛いことでしたが、おかげで周りの人達の大切さに気がつくことができました。
そして、周りの人達の支えで今日も生きていることに心から感謝しています。

さてさて、私たちのようにラブラブなカップルも居れば世の中にはパートナーの浮気で… というカップルもいます。
先日、友人の彼氏がどうやら浮気をしていたようです。
友人は以前から気になる点があったようで、興信所に調査依頼をお願いしたらどうやら発覚したようです。
皆さんも気を付けてくださいね。