漫画の実写化

今、日本は漫画の実写化がものすごく多いです。
海外も多いのかな?アメコミとかの実写化もあるし。
元々ファンがいる、というのは作品を成功させる上で、とても大きいのでしょう。本当に実写化ばっかりです。

僕は無類のマンガ好きです。
やはり好きな漫画に対しては、並々ならぬ思い入れがあります。キャラクターの性格、話の展開、根本的な理念。なんかこれ以上挙げていくと気持ち悪いんでやめます。もう手遅れか笑。
それくらい僕の好きな漫画がいくつも実写化されたり、既にされていたりします。
映画でも、ドラマでも、それを日本の俳優が表現しようとすると、どうしても無理があることが多いです。
「ここはこうじゃないのに」「あいつはあんな奴じゃないのに」と、作品に対するこだわりが邪魔をして、純粋に楽しめなくなってしまいます。
なので、僕は基本的に漫画の実写化には反対!!
・・・なのですが、たまーにあるんですよね〜。作品の良さを上手く表現できていたり、俳優がキャラクターを凌駕するほどの演技をしたりする時が。
「ああちゃんとこの作品をしっかり分かってる人たちが作ってるんだな」とこういう時は最高に嬉しい気分になったりします。

なので僕が今回言いたいことは、商業目的だけで軽々と漫画を実写化しないで欲しいということです。作るんだったら、その作品のことを愛していて、わかっている人が作らないと、その作品のファンが悲しむからです。
しかし今映画もテレビも氷河期で、観る人の絶対数がどんどん減っています。
そりゃ作る側も、固定の視聴者が見込める漫画に目をつけて、利用しますよね。
しかたないか・・・こんな時代じゃ・・・。と悲しくなりながらもしっかり僕は観るんですけどね笑。