地獄の中学バスケ部時代

僕は小学校三年生から高校三年生まで、ずーっとバスケットボール部でした。

約9年間のバスケットボール生活の中でも、一番キツかったのが、中学三年間の部活動でした。
その原因は顧問の先生で、もう鬼のような先生でした。
元々その中学校では違う先生がバスケを教えていたのですが、僕が入学と同時に新任教師として入ってきたのが鬼の先生で、一気にそのバスケ部を支配してしました。
恐怖政治の始まりです。

とりあえず全員丸坊主でした。
自分が坊主頭になるなんてそれまで想像すらしてませんでした。だってバスケ部ですよ?野球部じゃないんですよ?
中学入学当初、僕は少しはモテたんですが、坊主にした途端エライもので全くモテなくなりました。結構その時はショックだったのを覚えています笑。

練習試合のたびにビンタは当たり前。もちろん僕もバッチンバッチンビンタを受けていたのですが、一番記憶に焼き付いているのが、他校との練習試合中、チームメイトが体育館の端から端まで、往復ビンタを食らったことです。あの時の他校のチームの哀れみの顔は脳に焼き付いて離れません笑。

そして僕等が一番上の世代になり、新チームになりました。
僕は顧問にキャプテンになるよう命じられました。そのときは嬉しかったのですが、実際にチームが始動すると、なにをしてもキャプテンということで怒られまくりました。そしてビクビクしながら顧問の顔色を伺うようになりました。
もうそうなると全く楽しんでバスケなどやっていません。
最後の大会も早々に敗退してしまい、本当ににがーい中学バスケ時代でした。

暗い感じのおはなしになってしまいましたが、良かったこともあります。
多少のビンタなら、耐えられるようになったよ!
まぁそれからの生活で全く役に立ってないけど・・・笑。