大好きなおにぎりの具

私はシーチキンが嫌いです。理由は簡単。パサパサして噛み切れないし、歯に挟まるからです。同じ理由で鳥のささみやブリやマグロの照り焼きなんかも嫌いです。
口の中がパサパサするという点では、ゆで卵も嫌いなものに入ります。どれも食べられないことはないのですが、わざわざ作ったり選んだりすることはありません。
とにかくあのキシキシ感が嫌いなんですね。昔からその点だけは一貫しています。

ところが。嫌いなシーチキンがマヨネーズで和えられておにぎりの具になる。そうすると、途端に好きなものに変わってしまうのです。意味がわからないとよく言われます。
つまり、マヨネーズで和えると水分が増しますね。且つおにぎりの具にするときは細かくします。パサパサキシキシ感が薄れた状態で、お米に包まれるわけです。
そうなると俄然食べられるもので、おにぎりの具の中ではトップ3にはいるくらいです。

あとの2つは選ぶのにかなり迷うところですが、ゆずれないのは焼きたらこではないでしょうか。生のたらこよりも焼きたらこ。このおにぎりがたまらなく好きです。
焼きたらこと海苔の相性が抜群ですし、適度なもっさり感がまたいいんです。べちょっとしないのが!それならおかかもいいんじゃないかというところですが・・・。
おかかは不思議なことに、おにぎりにしてもキシキシ感が出てしまうんですね。残念です。

あと1つはかなり迷った挙句、梅になりました。酸っぱいものとごはん。この相性のアンバランスな感じは大好きです。梅干しでごはんは外国人の人には理解できないみたいです。
なぜあんなに酸っぱいものと炭水化物を一緒に食べられるんだ、というところみたいですね。疲れたときは梅干しのおにぎりが無性に食べたくなるのは私だけでしょうか。
酸っぱければ酸っぱいほどいい。当然種は抜いておいてほしいところです。

最近はコンビニのおにぎりもどんどん進化し、こんな具まであるの?というものも出ています。先日は「たまごかけごはん風おにぎり」に遭遇しました。
食べてみましたが、たまごかけご飯の味でした(笑)まあ美味しかったですが、そこまでして食べるものか?という疑問も。炊きたて新鮮卵で食べるから美味しいんです。
これからもどんどん増えていくんでしょう。トップ3が脅かされる日がくるのでしょうか。