コーヒー飲料

ディスカウントの大型スーパーで、28円とか38円などの値段で売ってるオリジナルブランドの缶飲料ってありますでしょ?

あれ、たまにナショナルブランドと類似した名前のものがあってたまに騙されそうになります。
メーカーはしっかり危機感を持って類似している登録商標の問題に取り組んだ方がいいのでは?
類似品を防ぐためにも、専門の人を読んで対策下kたがいいんじゃないかな。

話を戻して・・・
消費者としては、まぁ味が良ければいいんじゃないかと思うわけです。

お茶類は範疇。
サイダーも「炭酸、薄っ!」とは思いますが、ギリ範疇。
コーヒー。。。いかんなぁ。。。イカン。。。あれはイタダケマセン。
コーヒー風味の砂糖水ですもん。
それでも何種類かありますから微糖などを選ぶことも出来ます。
しかしそれも「砂糖が少々少ない砂糖水」
コーヒー匂いがツイてる分、砂糖水より始末が悪いかな?と感じることも暫々です。
「コーヒー風味飲料」という意味の、なにか造語を作って欲しいものです。
例えばアイスクリームで言うところの「ラクト」のようにわかりやすいもんをです。

アイスクリーム類というのは乳脂肪分と乳固形分の含有量によって、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と区分するのですが、ラクトアイスはその値が一番少ない物。
こういう見地からすると、コーヒーにも実際は区分がなされています。

それは100g中の生豆使用量という形で区分するものです。
「コーヒー5g以上」「コーヒー飲料2,5g以上5g以下」「コーヒー入り清涼飲料水2,5g以下」
このように分類がなされます。
公正取引委員会が「コーヒー飲料等に関する公正競争規約」という形で制定しました。
しかし喫茶店などで飲むコーヒーというのは100g中10gほどの生豆を使用しますから、5g以上をコーヒーとするその基準に異論がなかったわけではありませんが、缶コーヒー飲用の特性などから妥当であろうとされたようです。

アイスクリーム類などが最低数値の「ラクトアイス」を「乳固形分3%以上」のラインで区分し以下を「氷菓」とする事を考えると、このコーヒーの「2,5g以下をコーヒー入り清涼飲料水とする」というのは、「どこまでg数を下げてるのよ!ちっとばかし無理がないか?」と思ったりするのです。
「そりゃ入ってるんだろうけどね、生豆が極々少量は。。」
足りない分は香料などで補うのでしょうが、なんだかなぁ。。。なのです。
2,5g以下はもはや「コーヒー入り清涼飲料水」と区分するでなく「清涼飲料水」の類で、各社が「コーヒー入り」だの「コーヒーテイスト」だの、そのように表記すればいいことでしょう。。。
わざわざ「缶コーヒー」のカテゴリに入れる必要がない。

「スイカバー」にスイカが入ってるかどうか解らないけどスイカの味はするので、スイカが嫌いな人は買わない場合が多いでしょう。
それと一緒で「コーヒーテイスト」と書かれてあれば「清涼飲料水」であったにしても、人は「コーヒー味のものなのだな」と察するのですから嫌いであれば飲みませんし、もし仮にアレルギーがある人であれば警戒して買わないわけです。
そういうアレルギーがあるのかは知らないですが。

とにかくです。
あのディスカウントのオリジナルブランドの激安缶コーヒーだけは、コーヒーと大威張りでいることに釈然としないのです。