今の勤め先よりもっと収入そのものや職場の処遇がよい就職口が見いだせたとして

人材紹介サービスにおいては、企業に紹介した人があっさり会社を辞めるなど失敗してしまうと、労使ともに評判が悪くなるから、企業の長所及び短所をどちらも正直に伝えているのだ。
今の勤め先よりもっと収入そのものや職場の処遇がよい就職口が見いだせたとして、諸君も転職してみることを要望しているのなら、思い切って決断することも大切なものです。
売り言葉につい買い言葉となって、「こんな会社すぐにやめてやる!」こんな言葉を吐いて、我慢できずに離職を申し出てしまうケースもあるけれど、これほどまでに巷が景気の悪いときに、非理性的な退職はとんでもない結果に結びつきます。
そこにいる面接官があなたの表現したいことをわかっているのか否かを見つめつつ、的を射た「トーク」ができるようになったら、どんどんと道も開けてくるのではないかと思われます。
いろんな背景によって、仕事をかわりたい希望しているケースが予想以上に増えているのだ。だけど、転職すると決めたはいいけれど、別なところに転職した後の人生が大きく異なるケースもいくらでもあるというのが実際には在り得ます。

上司の決定に疑問を感じたからすぐに退社。つまりは、こんなような思考ロジックを持つ人に直面して、採用担当の人間は疑いの気持ちを禁じえないのでしょう。
【応募の前に】成長業界で就職できれば、魅力あるビジネスチャンスが非常にたくさんある。新規事業立ち上げの機会もあれば、新しく子会社や関連会社を作ったり、大切なプロジェクトやチームを担当させてもらえる見込みが高くなるのだ。
「書ける道具を持参のこと」と書いてあるのなら、記述試験の危険性がありますし、いわゆる「懇談会」と記載してあれば、グループに別れてのディスカッションが取り行われるケースが多いです。
ここ何年か本格的に就職や転職目指して活動しているような、20代から30代の年齢層の親からすると、安定した公務員や評判の高い一流企業に入社することこそが、最も好ましいと考えるものなのです。
転職活動が就活と全然違うのは、「職務経歴書」だそうです。現在までの職務内容などを平易に、要点をつかみながら記載するようにしないといけません。

面接すれば、必ずといっていいほど転職の理由について尋ねられます。「どんな理由で辞めたのか?」に関しましては、企業の担当者も最も興味のある問題です。それもあって、転職した理由については熟慮しておくことが必須条件です。
仮に成長企業とはいえ、必ず何十年も大丈夫、そんなわけではあり得ません。企業を選ぶときにそういう要素についても真剣に確認するべきだ。
転職を想像するときには、「今いる勤務先よりもずっと年収が貰えるところがあるに違いない」こんなことを、まず誰でも思い描くことがあるだろう。
とうとう用意の段階から面接の段階まで、長い道を歩んで内定の連絡を貰うまで到達したというのに、内々定を受けた後の対応措置を取り違えてしまってはせっかくの努力が無になってしまいます。
実際は就職活動するときに、応募する方から働きたい各社に電話することはわずかで、応募先の企業がかけてくれた電話を受けるほうがかなりあります。

いきいきと老いを重ねていくためのリハビリとは?

還暦を過ぎると、どうしても病気や怪我にかかりやすくなります。
骨粗鬆症により骨折しやすく、膝や腰に慢性の痛みを抱える人も多いものです。
痛みのあまり、ついつい外に出るのが億劫になりがちです。

しかし、動かないとその分だけ筋肉が弱ってしまいます。
できる限り、無理のない範囲で、筋肉は使い続けるようにした方が良いようです。

使い続けた方が良いのは、脳みそも同じです。
代わり映えのしない単調な生活を送っているとボケやすくなるのは、脳を使わないからだと言われています。

ボケ防止や体力をつけるために、特別なことを始めようとするお年寄りも案外多いものです。
100マス計算などのドリルを使ったり、リハビリのためにスポーツジムに通い始める人もいます。

しかし、わざわざお金をかけて新しいことを始めなくても、もっと簡単なリハビリがあります。
意外かもしれませんが、料理をすることです。

料理は頭と筋肉を両方使える上に、かかるコストは食費だけです。
料理に頭は使わないと思うかもしれませんが、献立を考えたり、彩りよく盛り付けようとすると意外と脳を使っているのです。

また、料理は立ち仕事ですし、野菜を刻んだりするので手と足の両方を使います。
足腰の悪い人は、椅子を利用して台所に立つとよいでしょう。

「男子厨房に入らず」と育てられた世代の男性は、料理に抵抗があるかもしれません。
簡単なお米の研ぎ方や炊飯器の使い方を覚えるだけでも構いません。
野菜を刻んで、ラーメンをお鍋で作ることから始めるのもよいでしょう。

身体の不自由な人は、無理して料理することは禁物です。
長く主婦をしてきたため、体調を押して台所に立ってしまう人がいます。

家族の手を借りたり、介護認定を受けていてヘルパーの手を借りることができるなら、ぜひ手伝ってもらいましょう。
すべて自分ひとりでやるのが、いいのではありません。
手足の残った力を無理ない範囲で使ってこそ、リハビリに繋がるのです。

年齢を重ねると動けない範囲も増えますが、できることは自分でやるように心がけましょう。
残った機能を最大限に使っていくことが、いきいきと老いを重ねていくコツなのです。
料理は、自宅でもできる簡単なリハビリとしてちょうどよいでしょう。

入院生活を快適に過ごすには?

私は神経難病のため、10日間の検査入院をしました。
今まで入院したことがないので、最初は不安でした。

しかし、入院生活をすごく快適に送ることができました。
友人や周りの患者さんに教えてもらった便利グッズが、大変役に立ちました。
その中でも特に役に立ったものを紹介していきます。

まず、ベッドサイドにかけられるS字フックが便利でした。
これは友人に「入院中、絶対に役に立つから」と言われて、持っていたものです。

ベッド脇には、備え付けの棚と冷蔵庫はあります。
しかし、寝ている状態では、棚にも冷蔵庫の上にも手が届かないのです。
ベッドサイドにS字フックで巾着袋を吊るして、中によく使う小物を入れておくとすぐに取れて便利です。

メモ帳類も、思いのほか役に立ちました。
合わせて、セロハンテープがあると便利です。
例えば「明日の朝まで絶食」などの大切なことを、ベッドサイドに貼っておくのです。

自分自身の備忘録になりますし、意外にも看護師さんに好評でした。
看護師さんは、常に同じ人が担当になるとは限りません。
夜勤と日勤でローテーションが組まれているので、人がコロコロ変わります。

ベッドサイドに重要事項を貼っておくと、患者である私自身がそのことを覚えているという証明にもなるのです。
実際、ベッドサイドに貼るまでは、絶食のことを代わる代わる同じ事を言われていました。
正直、もう耳にたこができるぐらいに聞いているのにとうんざりしていました。

「貼ってるから、絶食のことは覚えているんだな」と看護師さんにも伝わりやすいです。
私の側からすると、同じ事を何回も言われなくてすむのです。
一番便利だったと思います。

同室の患者さんにいただいた絵葉書とレターセット。
これは自宅から持ってきたらよかったと感じたものです。

お見舞いに来てくれた人に対して、お礼を伝える時に便利だと思います。
特に目上の人である場合、メールなどより、手紙でお礼をいう方が印象が良い場合が多いでしょう。

退院が決まった時に、以前の職場の上司に退院の報告と御礼をお送りしました。
丁寧にありがとうと、非常に喜んでいただけたので私まで嬉しくなりました。

逆に役に立たなかったものもあります。
入院は暇だと聞いていたので、暇つぶしに本を何冊か用意しました。

私の場合、検査入院だったので、検査が立て続けにあり、へとへとになっていました。
疲れて寝てしまうことがほとんどだったので、本を読む暇がなかったのです。

入院生活は、自分の身体をゆっくり休めて、病気や怪我を直すことが第一です。
少しの工夫で、入院生活が快適になります。
もし入院することになれば、事前にきちんと必要な物を準備しておくとよいでしょう。

私が持っていたパニック障害への誤解

私には、結婚を前提に付き合っている彼氏がいます。
実はハンディキャップを持っているカップルです。

しかし、ひとくちにハンディキャップといっても互いの状況は全く違います。
私は神経難病のため、手足に麻痺があります。
車椅子に乗っており、見た目にもハンディがあることがわかりやすいです。

一方、彼はパニック障害を抱えています。
パニック障害は、いまだに「心の弱い人がなる病気」「性格の問題」と偏見が強いです。
パニック発作でとても辛いにも関わらず、周りからの理解を得ることが難しいのです。

私自身、はじめはパニック障害に対して、偏見がありました。
繊細でおとなしい人がかかる病気だと思っていたのです。

スポーツマンで明るい性格の彼が、パニック障害だと聞いて非常に驚きました。
「悩みなんて寝たら治る」と笑い飛ばしていた彼からは、想像もつかなかったからです。

パニック障害の本を読んでも、生真面目で努力家の人がなりやすいと書いていました。
豪快で自信家、プライドの高い彼の性格と、パニック障害が結びつかなかったのです。

しかし、パニック障害になった経緯を聞いていると、聞いている私まで辛くなるほどでした。
今までよく頑張ってきたなとつくづく思いました。
パニック障害になってからも、周りからの偏見に苦しんできていました。

彼はパニック障害を学生時代に発症してから、正社員の仕事に就いていません。
周りからは「病気を理由に甘えているのでは?」と散々に言われています。

パニック障害は過労やストレスで悪化してしまいます。
パニック障害の発作は当人たちでしか、わからない辛さがあるのです。
仕事をセーブしながら、病気と付き合っていかないといけません。

障害が目に見えないメンタルなものなだけに、周りからの無理解に悩まされています。
これはうつ病や精神の病気を抱えてる人たちの共通の悩みです。

私のような身体が不自由な障害者は、「わかりやすさ」があります。
周りからも手を貸してもらいやすいですし、働けないことに対しても理解が得られやすいです。
その点はラッキーだといえるかもしれません。

どんな障害があったとしても、つらい思いを抱えて頑張って生きていることには変わりありません。
うつ病やパニック障害に対する社会への理解が、広がっていけばよいなと思います。
決して弱いから病気になるのではないのですから。

周りの人達の支えに感謝!

私は神経難病のため、車椅子生活を送っています。
といっても、1年前までは元気に全国を飛び回る営業職に就いていました。
健康そのもので、休みの度にアウトドアに繰り出していました。

今は自宅で闘病生活を送っていますが、付き合っている彼氏がいます。
しかし「病気になる前から、付き合っている彼氏なんだな」となぜか誤解されます。

意外だと言われますが、病気になったことがきっかけで、付き合い始めたのです。
闘病している最中に、新しい恋愛が始まるなんてイメージしにくいでしょう。
けれど、病気がなければ付き合うことがなかったと思います。

私は入院中、死ぬ危険があった時がありました。
医師から危ないかもしれないと家族に話があった時、仲の良い友人や知人にメールしたのです。

女友達に「死ぬかもしれない」とは言い出せずに、当り障りのないメールになっていました。
しかし、親友だった彼だけには、死ぬかもしれないと正直に話せたのです。
なぜか知っておいてほしいという気持ちが強かったのです。

冗談めかして「お葬式にはちゃんと来てね」なんて書きながら、号泣していました。
私自身はじめてその時、彼への気持ちに気がつきましたし、彼から告白されたのもその時です。

生きている今だからこそ笑い話ですが、当時は互いに必死でした。
「絶対に死なないから、頑張れ」と彼に言われたことは闘病の大きな支えになりました。

死ぬかもしれない病気の時、生きようとする意志があるかないかは、生死を分けると思います。
家族や彼を悲しませたくないから生きよう!
こんなにも励ましてくれるのだから、頑張ろう!と思ったからこそ、私は生きているのだと思います。

今、私は車椅子で職業訓練に通っています。
車椅子だったとしても、将来に向けて、何かひとつ始めようとパソコンを習うことに決めたのです。

家族や彼氏から勇気をもらってきたおかげで、今日も生きていると思います。
再び元気に働く姿を見せることが、支えてくれた人たちへの恩返しになる。
そう思って、前に一歩踏み出しました。

車椅子で電車に乗って、職業訓練に通うだけでも最初は大変でした。
けれど、今は通学にも慣れて、車椅子で校舎を走り回っています。

いずれは車椅子で一般企業に転職し、会社内を動き回れたらいいなと思います。
病気になったことは人生で一番辛いことでしたが、おかげで周りの人達の大切さに気がつくことができました。
そして、周りの人達の支えで今日も生きていることに心から感謝しています。

さてさて、私たちのようにラブラブなカップルも居れば世の中にはパートナーの浮気で… というカップルもいます。
先日、友人の彼氏がどうやら浮気をしていたようです。
友人は以前から気になる点があったようで、興信所に調査依頼をお願いしたらどうやら発覚したようです。
皆さんも気を付けてくださいね。

コーヒー飲料

ディスカウントの大型スーパーで、28円とか38円などの値段で売ってるオリジナルブランドの缶飲料ってありますでしょ?

あれ、たまにナショナルブランドと類似した名前のものがあってたまに騙されそうになります。
メーカーはしっかり危機感を持って類似している登録商標の問題に取り組んだ方がいいのでは?
類似品を防ぐためにも、専門の人を読んで対策下kたがいいんじゃないかな。

話を戻して・・・
消費者としては、まぁ味が良ければいいんじゃないかと思うわけです。

お茶類は範疇。
サイダーも「炭酸、薄っ!」とは思いますが、ギリ範疇。
コーヒー。。。いかんなぁ。。。イカン。。。あれはイタダケマセン。
コーヒー風味の砂糖水ですもん。
それでも何種類かありますから微糖などを選ぶことも出来ます。
しかしそれも「砂糖が少々少ない砂糖水」
コーヒー匂いがツイてる分、砂糖水より始末が悪いかな?と感じることも暫々です。
「コーヒー風味飲料」という意味の、なにか造語を作って欲しいものです。
例えばアイスクリームで言うところの「ラクト」のようにわかりやすいもんをです。

アイスクリーム類というのは乳脂肪分と乳固形分の含有量によって、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と区分するのですが、ラクトアイスはその値が一番少ない物。
こういう見地からすると、コーヒーにも実際は区分がなされています。

それは100g中の生豆使用量という形で区分するものです。
「コーヒー5g以上」「コーヒー飲料2,5g以上5g以下」「コーヒー入り清涼飲料水2,5g以下」
このように分類がなされます。
公正取引委員会が「コーヒー飲料等に関する公正競争規約」という形で制定しました。
しかし喫茶店などで飲むコーヒーというのは100g中10gほどの生豆を使用しますから、5g以上をコーヒーとするその基準に異論がなかったわけではありませんが、缶コーヒー飲用の特性などから妥当であろうとされたようです。

アイスクリーム類などが最低数値の「ラクトアイス」を「乳固形分3%以上」のラインで区分し以下を「氷菓」とする事を考えると、このコーヒーの「2,5g以下をコーヒー入り清涼飲料水とする」というのは、「どこまでg数を下げてるのよ!ちっとばかし無理がないか?」と思ったりするのです。
「そりゃ入ってるんだろうけどね、生豆が極々少量は。。」
足りない分は香料などで補うのでしょうが、なんだかなぁ。。。なのです。
2,5g以下はもはや「コーヒー入り清涼飲料水」と区分するでなく「清涼飲料水」の類で、各社が「コーヒー入り」だの「コーヒーテイスト」だの、そのように表記すればいいことでしょう。。。
わざわざ「缶コーヒー」のカテゴリに入れる必要がない。

「スイカバー」にスイカが入ってるかどうか解らないけどスイカの味はするので、スイカが嫌いな人は買わない場合が多いでしょう。
それと一緒で「コーヒーテイスト」と書かれてあれば「清涼飲料水」であったにしても、人は「コーヒー味のものなのだな」と察するのですから嫌いであれば飲みませんし、もし仮にアレルギーがある人であれば警戒して買わないわけです。
そういうアレルギーがあるのかは知らないですが。

とにかくです。
あのディスカウントのオリジナルブランドの激安缶コーヒーだけは、コーヒーと大威張りでいることに釈然としないのです。

男の子と遊ぶ体力

私は甥っ子が大好きなおばさんですが、実際に甥っ子と遊ぶとなると体力がついていきません。子どもは遊ぶために生きているようなものなので、全力で遊びます。
それに大人がついていこうとすると、理性が「これではやばいぞ」と警告してくるんです。子どもは疲れたら寝ればいいですが、大人はそうもいきませんものね。
育児として日々子どもと行動しているお母さんにはもちろん頭があがりません。私などたまに遊ぶだけですから。

先日一緒に遊んだときは、フラフープをしました。私からすればかなり懐かしいアイテムなのですが、1周回って今は新しい遊びになっているのだとか。時代ですよね。
子どものころはそれこそお腹を壊すくらい遊びましたから、フラフープは今でも得意です。甥っ子は買ってもらったばかりで、まだうまく回すことができません。
そこで妹から「教えてあげてよ」と指令が下ってきたのです。

フラフープを教える、しかも小学校低学年の子どもにというのはなかなか至難の業です。体感でもってわかることで、頭で考えて修得するものではないからです。
とにかく回す。腰をぐるぐる回すのではなく、回るフラフープを支えるという感覚でしょうか。フラフープが動き続ける道を作ってあげるというイメージですね。
それを甥っ子の前で実演して、甥っ子にやらせて、またやって。この繰り返しです。

結局途中で飽き始めましたが、最終的にはかなり上達して終えることができました。2時間やりっぱなしだったので、家に帰ると疲れて甥っ子は寝てしまいました。
私はそこから帰らなくてはいけません。大人は辛いです(笑)とにかく任務は完了したので、それを忘れないようにまた練習しておいてねと伝えて家を出ました。
子どもは体で覚えたことは忘れません。それが大人になっても有効なことは、私が身をもって教えてきました。

小学生の男の子と遊ぶには、それ相当の体力が必要だなと実感しました。普段運動不足で階段をのぼってヒーヒー言っている私には、少々荷が重いところがあります。
子どもを生む、育てるというのはまさに体力勝負の世界なんですね。妹は今3人目を妊娠中で、肝っ玉母ちゃんに磨きがかかってきています。旦那が小さく見えますね。
私も将来もし子どもを持つなら、今から体力をつけておかないとなと思いました。

大好きなおにぎりの具

私はシーチキンが嫌いです。理由は簡単。パサパサして噛み切れないし、歯に挟まるからです。同じ理由で鳥のささみやブリやマグロの照り焼きなんかも嫌いです。
口の中がパサパサするという点では、ゆで卵も嫌いなものに入ります。どれも食べられないことはないのですが、わざわざ作ったり選んだりすることはありません。
とにかくあのキシキシ感が嫌いなんですね。昔からその点だけは一貫しています。

ところが。嫌いなシーチキンがマヨネーズで和えられておにぎりの具になる。そうすると、途端に好きなものに変わってしまうのです。意味がわからないとよく言われます。
つまり、マヨネーズで和えると水分が増しますね。且つおにぎりの具にするときは細かくします。パサパサキシキシ感が薄れた状態で、お米に包まれるわけです。
そうなると俄然食べられるもので、おにぎりの具の中ではトップ3にはいるくらいです。

あとの2つは選ぶのにかなり迷うところですが、ゆずれないのは焼きたらこではないでしょうか。生のたらこよりも焼きたらこ。このおにぎりがたまらなく好きです。
焼きたらこと海苔の相性が抜群ですし、適度なもっさり感がまたいいんです。べちょっとしないのが!それならおかかもいいんじゃないかというところですが・・・。
おかかは不思議なことに、おにぎりにしてもキシキシ感が出てしまうんですね。残念です。

あと1つはかなり迷った挙句、梅になりました。酸っぱいものとごはん。この相性のアンバランスな感じは大好きです。梅干しでごはんは外国人の人には理解できないみたいです。
なぜあんなに酸っぱいものと炭水化物を一緒に食べられるんだ、というところみたいですね。疲れたときは梅干しのおにぎりが無性に食べたくなるのは私だけでしょうか。
酸っぱければ酸っぱいほどいい。当然種は抜いておいてほしいところです。

最近はコンビニのおにぎりもどんどん進化し、こんな具まであるの?というものも出ています。先日は「たまごかけごはん風おにぎり」に遭遇しました。
食べてみましたが、たまごかけご飯の味でした(笑)まあ美味しかったですが、そこまでして食べるものか?という疑問も。炊きたて新鮮卵で食べるから美味しいんです。
これからもどんどん増えていくんでしょう。トップ3が脅かされる日がくるのでしょうか。

ハマる母

私の母は何かにハマると飽きるまでそれを続けてしまうところがあります。

私が幼いころ、母はべっ甲飴作りにハマっていました。
耐熱容器に砂糖と水を入れてレンジにいれ、砂糖が溶けて煮詰まってうっすら茶色くなったところで取り出し、アルミホイルの上に流して固めて作る、というものです。

はじめは飴の色の加減にこだわり、次はきれいな丸型にすることにこだわり、最後は飴でウサギや花など様々な形を作ることにこだわっていました。

学校から帰ると、テーブルの上には毎日のようにべっ甲飴が用意されていました。
初めこそ「今日の色いいね」とか「この形なに?」とかリアクションをしていましたが、さすがに何週間も続いたころには飽きてしまい、他のお菓子を催促するようになりました。
母はそんな私を適当に言いくるめてひたすら飴を食べさせていましたが、ひと月たったころようやく飽きたのか、ぱったりと作るのをやめました。

母がその次にハマったのはワッフルでした。
懸賞か何かで当たって手に入れたワッフルメーカー(生地を型に流し、挟むように閉じて焼くもの)でのワッフル作りに夢中になったのです。
はじめのうちはきれいな形に焼くことや焼き色をうまくつける方法に凝っていましたが、それに慣れてくると今度は生地にココアを入れたり紅茶をいれたりと、新しい味にトライするようになっていきました。
学校から帰ると、テーブルの上には毎日のように山もりのワッフルが……。
それもひと月たつころには飽きてやめてしまい、今ではあのワッフルメーカーは行方知れず。きっとキッチンの棚の奥でほこりをかぶっているのでしょう。

こういう話はほかの家でも聞いたことがあります。
ある友人のお母さんは新しいホットプレートを買った日から10日間連続でホットプレートを使った料理を作り続けたとそうです。

一度ハマったら徹底してハマってしまうというのは、多くの「母親」によく見られる傾向なんでしょうか?

因みに、今、私はドライブにハマっています。
新車でアクセラスポーツを購入したので、週末ドライブに行くことをとても楽しみにしています。

楽しいデートで終わるはずだった

少し前の話になるのですが、僕は事故を起こしました。
路肩から車を出発させるときに、僕の後方不注意から、後ろからやってきた車と接触してしまったのです。
そしてこれを起こしたタイミングが最低最悪でした。

その日僕は、現在同棲中の彼女と、まだ付き合う前の大事なデートの日でした。
デート自体は、ショッピングセンターに買い物に行き、映画を観て、晩ご飯を食べての王道パターンで、すごくいい雰囲気で進んでいました。
僕自身もめちゃくちゃ楽しくて、彼女も楽しそうでした。
そして帰り道も僕が車を運転しながら、今日見た映画の感想を言い合ったりしたり、終始和やかでデートも終りを迎えました。
彼女を家の前に着き、家の前で手を降る彼女に手を振り返しながら出発させました。
すると「ガッ」という音と共に車が少し揺れたのです。
その瞬間「あぁ・・・やっちゃった」と思いました。接触した車が前の方で止まり、中からおじさんがでてきて、ものすごい剣幕で怒鳴りつけられました。ひたすら謝罪する僕。

すると事故の一部始終見ていた彼女もやってきて、僕と一緒に謝ってくれたのです。
「俺かっこわりー」と思いながら、彼女をとりあえず「全く関係ないから気にせず帰ってな」と帰ってもらいました。
警察を呼び、なんとか事故は処理できたものの、楽しいデートだっただけに自分のミスで、後味最悪になってしまい、「こりゃ嫌われても当然」と思っていました。

しかし結果的に、このことでさらに連絡を密に取り合うようになり、最終的に同棲をするまでの仲になったのです。あのデートこそ失敗だったものの、彼女との関係の面おいてだけは、あの事故は起きて良かったんじゃないか、とも思えました。